コウモリ駆除や鳩駆除を行い、ペットへの被害を最小限に抑えよう!

コウモリ駆除や鳩駆除後対策は?ペットでも追い出せない帰省本能

コウモリ駆除や鳩駆除の後はきちんと対策を行う

コウモリ

コウモリ駆除や鳩駆除を行った後は、再び巣を作られてしまわないようにしっかりと対策することが大切です。

効果的な対策方法について


同じ場所に巣を作られることがありますか?
野生の動物の中には「帰省本能」を持つものがいます。それは、自分の巣を認識していて遠く離れた場所からも巣へ帰ってくる事が出来る能力です。そのため、一度コウモリ駆除や鳩駆除を行っても元々の巣の場所を覚えているので、再び同じ所に戻ってきやすいといわれています。また、忌避剤などの効果も次第に弱まってくるので他の対策が必要です。
巣を作らせないにはどうしたらいいですか?
住宅でコウモリや鳩に好まれそうな場所を、重点的に対策していきます。例えば、屋根裏や通気口、シャッターの内部や通気・換気口それらの箇所を定期的に点検確認し、侵入された痕跡が無いか把握しておく事が大切です。また、専門の業者に相談依頼すると、入念に調査や対策を行ってくれるので、検討してみても良いでしょう。

ペットが追い出してくれることもある~害獣駆除として働く猫~

コウモリや鳩のように手や目が届かない場所に巣を作られると、ペットでも追い出すことが出来ません。しかし、ペットは害獣駆除に役立つことがあるそうです。

駆除に役立つ猫

ロシアのサンクトペテルブルクに設立されているエルミタージュ国立美術館には60匹以上の猫が住んでいます。その猫達は、美術館の設立当時から250年以上もの間、美術館にある美術品をネズミから守り続けているそうです。なので、美術館の猫達代々「4本足の警備員」と呼ばれ人々から可愛がられています。このように、猫を飼っているだけでも気配や臭いでネズミを追い出すことが出来る場合もあるようです。猫の他にも、ネズミが苦手とする動物は、キツネやタヌキ、フェレット、フクロウに蛇などがいます。

TOPボタン