コウモリ駆除や鳩駆除を行い、ペットへの被害を最小限に抑えよう!

可愛いペットのためにコウモリ駆除や鳩駆除を行おう!

ペットがコウモリや鳩を室内に連れてきた場合の注意点

蝙蝠

自宅周辺にコウモリや鳩の巣があると、自然と部屋に入ってきてしまうことやペットが危害を加えてしまうことがあります。そのような場合の対処方法を紹介しようと思いますので、参考にしてみて下さい。

捕獲や駆除は禁止されています

コウモリや鳩の捕獲や駆除は「鳥獣保護法」という法律により、禁止されています。この法律は、生物の多様性の確保や生活環境の保全を目的とされ環境省によって定められているようです。そのため、コウモリ駆除や鳩駆除を行う際は誤って傷つけてしまったり、殺してしまったりしないように、しっかりとした知識や注意が必要になります。鳥獣保護法により守られているため、コウモリ駆除や鳩駆除では追い出しという方法で駆除を行っていきます。

追い出しを行う方法

追い出しを行う時に注意することは何ですか?
コウモリ駆除を行う場合は、コウモリに噛まれてしまうなどの恐怖や、その姿から不快感を感じることもあります。基本的に、コウモリが人に噛み付いたりすることはあまりありませんが、コウモリの歯は鋭く尖っているので万が一噛まれると危険です。また、知らない間にペットが襲われたりすることも考えられるので危険です。コウモリの被害に合わないように直接接触するようなことは避け、接触させないようにして下さい。
効果的な追い出し方を教えて下さい。
コウモリ駆除を行う場合は、手袋とマスクを着用して追い出しを行います。一時的にコウモリ駆除をする場合は、市販されているスプレーなどが効果的です。その際、大きな音を出してコウモリを驚かすのも良いでしょう。市販のスプレーにはコウモリが嫌うハッカの臭いがします。また、スプレーは天然の成分で作られているため、殺傷能力はありません。

感染を予防する方法

コウモリからの感染などの被害を出来るだけ起こさないようにするには、しっかりとした衛生管理がとても大切だといえます。感染防止対策として、日頃からの手洗い・うがいを行い、コウモリ駆除後には建物を殺菌剤や抗菌剤を使った消毒を徹底することが大切です。しっかりと衛生管理することで、家族やペットを守ることにも繋がります。

コウモリ駆除や鳩駆除を行う理由~ペットへの被害もある~

人間だけが被害に合うのではありません。コウモリ駆除や鳩駆除が必要な理由に、ペットへの感染症があります。

コウモリや鳩から発生するペットへの被害

ノミ・ダニが発生する
コウモリや鳩による二次被害もあります。例えば、コウモリや鳩の体にはノミやダニ、ばい菌雑菌が付着していることもあります。特に、コウモリが好んで巣を作る場所は空気の流れが悪く、湿った暗い場所です。そのような場所が糞尿によりさらに不衛生になってしまうと、ノミやダニが大量に発生し人の身体やペットなどに健康被害などを引き起こす原因になります。
感染症にかかる恐れがある
ノミやダニがウイルスや病気を運んで感染症にかかる恐れもあります。それらの感染症の症状は、発熱や嘔吐などがあり、最悪の場合死に関わることも……特に鳩の糞からは、クリプトコックス菌というウイルスが入っていることがあります。鳩の糞が乾いて空気中に舞い上がりそれを吸ってしまうと菌が身体の中に取り込まれ感染してしまい肺に病巣を作るとされている恐ろしい病気です。
TOPボタン